2016年07月28日

浄土平の吾妻小富士を一周してみた

浄土平にある吾妻小富士を
ぐるっと一周、歩いてみました。

大人の足で約30分。

小学校2年生の次女は駆け足で駆け上っていましたが
小学生であれば、25分くらいで1周することができました。
※ガイドブックには1時間と書かれていたが
1時間はかからないと思う。

直径約500メートル。

火口底までの高低差は70メートルだそうです。

おっこちたら、ゴロゴロ転がって、
地底まであっという間でしょうね(笑)。

途中の登山道は、ピンク色だったり
赤かったり、まるで火星や月面を歩いているような印象でした。

IMG_2681.JPGIMG_2685.JPGIMG_2688.JPG
posted by 金蘭荘花山 at 19:44| Comment(0) | 日記

磐梯吾妻スカイラインー浄土平ビジターセンターにて

浄土平ビジターセンターにやってきました。

駐車場代というか
施設利用・環境整備協力費 として
410円かかりました。

公園利用者に410円を負担してもらうことで
トイレや探勝路など地域の公共施設の維持管理、
美化清掃の事業に使われるとのこと。

ビジターセンターの一部が
工事中だったためか
キャッシュバックキャンペーンというのを
やっていました。

キャッシュバックキャンペーンとは
売店や食堂で合計3000円商品を購入すると
なんと、410円が戻ってくる、というものです。

3人で食事をして、おみやげを購入したら
3000円を突破したので、
管理事務所にレシートをみせると
現金410円をくれました。

ちょっぴり得したような気持ちになって
うれしかったけど、環境保全に有益に使ってくれたほうが
いいと思うんだけどなー。

さて、吾妻富士に
登りたいと次女がいいはじめました。

妻は腰が悪いので無理しないようにいったのですが、
とりあえず火口まではいってみたいとのことなので、
3人で、階段の登山道を登り火口に到着しました。

心臓バクバクで、かなり息が上がりました。

妻はここでギブアップ。

次女は、吾妻富士の火口を1周したいと
いいはじめました。

小学校2年生一人では心配なので、
僕が一緒についていくことになりました。

IMG_2674.JPGIMG_2679.JPG
posted by 金蘭荘花山 at 19:42| Comment(0) | 日記

磐梯吾妻スカイラインを攻めるー天風境、双竜の辻

磐梯吾妻スカイラインを
車で攻めることにしました。

土湯出入り口から約1キロのところに
国見台があります。

会津盆地までが望める
絶好の展望ポイントです。

「しろばんば」等で有名な
芥川賞作家井上靖が

「壮麗な幻想交響詩のフィナーレを奏でるよう」と
形容した国見台からの夕日。

夕日が見える時間帯にはおりませんでしたが
秀麗な磐梯山をみることができる
素晴らしい見晴らしポイントでした。

天風境は見渡す限りの山並みが
素晴らしかったです。

木々の緑が青々としていて
山のパワーを感じました。

双竜の辻は、
磐梯山、安達太良山の2つの名峰が
望める峠の辻道、という意味です。

あいにくの曇り空で、
磐梯山と安達太良山を同時にみることは
できませんでした。

井上靖に
「双竜」といわしめた
磐梯山、安達太良山が望める絶景スポットです。

青空の日に
みてみたかったです。

IMG_2671.JPGIMG_2672.JPGIMG_2673.JPG
posted by 金蘭荘花山 at 19:38| Comment(0) | 日記